アンチヒーローのネタバレ原作は?最終回結末までのあらすじ全話

  • URLをコピーしました!

2024年4月スタートのTBS系日曜ドラマ「アンチヒーロー」。

正義と悪が入れ替わり、善人が悪人になってしまう。バタフライエフェクトを彷彿とさせる、前代未聞の逆転パラドックスが起こる弁護士ドラマです。

主演は、長谷川博己さんです。

この記事でわかること
  • アンチヒーローのネタバレ!原作はある
  • アンチヒーローのドラマ全話ネタバレあらすじ
  • アンチヒーローの最終回結末予想と考察

今回は、「アンチヒーロー」の原作やドラマ全話ネタバレ、最終回の結末予想までまとめました。

ドラマ「アンチヒーロー」のキャスト相関図については、別記事でまとめていますので、合わせてご覧ください。

目次

アンチヒーローのネタバレ!原作漫画や小説はある?

『アンチヒーロー』4月期日曜劇場【公式】

「アンチヒーロー」に原作はありません!

日本の司法が舞台となる完全オリジナル脚本のドラマです。

ネタバレが全くない状態なので、毎話の放送が待ち遠しくなります。

脚本を担当するのは、山本奈奈さん・李正美さん・宮本勇人さん・福田哲平さんの4名です。

それぞれの脚本家の方の代表作品を紹介します。

山本奈奈さんの手がけた代表作品

担当作品
  • ドラゴン桜2 第6話・第9話(2021年 TBS)
  • 監察医朝顔2022スペシャル(2022年 フジテレビ)
  • モトカレ←リトライ(2022年 MBS・テレビ神奈川)
  • 私がヒモを飼うなんて(2023年 TBS)
  • VIVANT(2023年 TBS)

脚本家デビューしてからの暦が浅く、共同脚本の作品が多いですが、第117回ザテレビジョンドラマアカデミー賞を共同で受賞していることから、脚本家としての実力は相当は確かなものと言えるでしょう。

李正美さんの手がけた代表作品

担当作品
  • せいせいするほど、愛してる(2016年 TBS)
  • 集団左遷‼(2017年 TBS)
  • 半沢直樹 第2シリーズ(2020年 TBS)
  • ドラゴン桜2(2021年 TBS)
  • VIVANT(2023年 TBS)

李正美さんは視聴率の高いTBS系の日曜劇場の作品を多く手がけていることから、将来を期待されている脚本家さんです。

宮本勇人さんの手がけた代表作品

担当作品
  • 高嶺のハナさん(2021年 BSテレビ東京)
  • DCU(2022年 TBS)
  • 高嶺のハナさん2(2022年 BSテレビ東京)
  • 君に届け(2023年 Netflixシリーズ)
  • VIVANT(2023年 TBS

第5回TBS連ドラ・シナリオ大賞にて入選をしている実力派の脚本家です。

福田哲平さんの手がけた代表作品

担当作品
  • らせんの迷宮~DNA科学捜査~(2021年 テレビ東京)
  • レッドアイズ 監視捜査班(2021年 日本テレビ)
  • パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~(2022年 日本テレビ)
  • 大病院占拠(2023年 日本テレビ)
  • 新空港占拠(2024年 日本テレビ)

これまで手がけている作品は、警察ものの作品が多いです。また、新空港占拠など、今放送中のドラマも手がけ注目されている脚本家です。

4名のうち3名が人気ドラマ「VIVANT」の脚本を務めていたことから、今回の「アンチヒーロー」も大いに期待できる春ドラマになりそうです。

アンチヒーローの基本情報


TBS公式 YouTuboo

“正義とは果たして何なのか?” “世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?” を問いかける

現時点でわかっているドラマ「アンチヒーロー」の簡単な基本情報をお伝えします。

放送日と最終回はいつ?

アンチヒーローの放送開始日は2024年4月14日、最終回は2024年6月16日と予想!

過去のTBS日9ドラマ放送期間と話数
作品タイトル放送期間
マイファミリー2022年4月10日〜6月12日
オールドルーキー2022年6月26日〜9月4日
アトムの童2022年10月16日〜12月11日
Get Ready!2023年1月8日〜3月12日
ラストマン-全盲の捜査官-2023年4月23日〜6月26日
VIVANT2023年7月16日〜9月17日
さよならマエストロ2024年1月14日〜3月31日

TBS日曜ドラマは10話構成で放送されることが多いです

予想通り延期もなく毎週放送されるとしたら最終回は、6月16日になるのではないかと予想しました。

アンチヒーローの設定

アンチヒーローの放送開始前に知っておきたいストーリー設定をご紹介します。

【アンチヒーロー】はどんな物語?

物語の主人公は、アンチな弁護士。

なぜアンチな弁護士と言われてしまうのか?

その理由とは、犯罪者と決めつけられる証拠が100%あるにも関わらず、無罪を勝ち取る腕があるからだ。

殺人者までも無罪にしてしまう弁護士は、加害者にとってはヒーローだが、被害者からするとアンチヒーロー。

どの目線から見るかでヒーローの定義は変わってしまう。

弁護士の正義とは?世間の正義とは?

自身の正義について、改めて考えさせられるリーガルドラマ

日本の刑事裁判での有罪率は99.9%と言われている。長谷川演じる弁護士は、残り0.1%に隠された「無罪の証拠」を探し依頼人を救う救世主のような人間ではない。たとえ、犯罪者である証拠が100%揃っていても無罪を勝ち取る、「殺人犯をも無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士。ヒーローとは言い難い、限りなくダークで危険な人物だ。しかしこのドラマを見た視聴者は、こう自問自答することになるだろう。「正義の反対は、本当に悪なのだろうか・・・?」

アンチヒーロー / TBS
【アンチヒーロー】キャストは?

キャストについては情報が解禁され次第追記していきます。

アンチヒーローのネタバレあらすじ

ここでは、アンチヒーローの第1話〜最新話までのあらすじとネタバレ考察をご紹介してきます。

第1話のネタバレとあらすじ

あなたを有罪から無罪へ

拘置所にやってきた弁護士・明墨正樹(長谷川博己)。

明墨は殺人事件を起こした緋山啓太(岩田剛典)に面会。

単刀直入に、緋山に殺人をしたのか?問いますが、緋山は答えません。

犯罪者という烙印を押されたら、罪を償っても外の世界は緋山を人殺しにしか見ないと話す明墨。

黙り続ける緋山に明墨は更にこう言い放つのでした。

「あなたの有罪を無罪に私がしましょう」

クセのある弁護士

そんな明墨は、その裁判の準備の為に、検事と裁判官に会いに行くためにタクシーに乗ります。

しかし、約束の時間に遅れそうになり、早く着かないものかとタクシードライバー(宮永秀平)に笑顔で圧をかけます

このままだとスピード違反になると思うドライバーでしたが、仕方なく速度超過。

結果、路地にひっそりいた白バイ警察官(須田邦裕)に止められてしまいます。

警察官はドライバーに速度超過を伝えますが、それを調べる為の追尾に問題があると明墨は警察官に言うのでした。

更に取り締まるなら堂々と見えるところにいるべきだと言う明墨。

「都内の道は、想像以上に危険すぎますからね」

パワハラ殺人事件

明墨が行った先では、検事の姫野(馬場徹)に嫌味を言われます。

「相変わらずお忙しいですねー。明墨先生」

明墨も笑顔でかわす中、事件の概要が話されます。

羽木精工の社長・羽木朝雄(山本浩司)を殺害した緋山。

長時間の労働と残業をさせられていた緋山ですが、言い争いの結果、自宅に戻った社長をハンマーで殴り殺してしまうのでした。

2人のやり取りは、眼鏡の忘れ物を取りに来た従業員の尾形仁史(一ノ瀬ワタル)の証言から取られたものです。

更に、緋山が殺した証拠としては…。

  • 自宅にあった緋山の指紋。
  • 防犯カメラによる入出映像。
  • 被害者の爪にあった緋山のDNA。
  • 尾形の証言

振り回される赤峰

殺人事件と裁判員裁判が初めての弁護士・赤峰柊斗(北村匠海)。

減刑を求める裁判になるかと考えていましたが、どうやら違う空気が流れます。

パラリーガルの青山憲治(林泰文)に、明墨に合流するように言われ向かいました。

そして、被害者家族に会いに行っていた紫ノ宮飛鳥(堀田真由)と合流する赤峰。

工場に行くと明墨が、社長の湊とボール遊びをしていました。

父親が亡くなってショックを受けていないか心配していた紫ノ宮ですが、元気そうで安心します。

明墨は、この事件をどう見るか赤峰に問うと、緋山の犯行だと答えます。

緋山は無罪を主張しているが、検察側の証拠が4つもあるため、それは難しいと感じる赤峰。

「証拠は多い方が、俺たち弁護士にはラッキーなんだ」

証拠が多いというのは、逆に追い込まれそうですが、それは違うことを紫ノ宮は指摘。

例えば、証拠の防犯カメラは、緋山が事件時に出てきたというものというだけ。

今回の事件の強い証拠となるのは、殺害に使った凶器か、出勤時に着ていた緋山のジャンパーの存在です。

今回の4つの証拠は、1つ1つは弱いものであるという証拠だと話す明墨。

3人は休憩中の尾形に話を聞きに行きますが、弁護士という身分を隠して話を聞き出そうとします。

尾形は事件当時の話をしますが、それはまるで用意された台詞のようだと気付く明墨。

そして赤峰は、尾形が近視なのに眼鏡を忘れた事に疑問を抱くのでした。

明墨のやり方に、緋山が無罪だと確信しているから動いているのか質問します。

しかしどうやら明墨にも、緋山が無罪と確信しているわけではないと言われてしまうのです。

赤峰はパワハラを受けたから殺害してしまったと思っていますが、それは弁護士として間違いだと指摘されます。

更に本当に犯罪を起こしたかは、弁護士には無関係だと切り捨てる明墨。

「証拠を集め有罪を立証するのが検察だ。俺たちはその証拠を潰せばいいのさ」

不審な尾形

尾形を調べると、若いころから職を転々として長く続かないようです。

何か原因があるのではないかと、事務所では話されます。

更に、尾形の証言の仕方が検察に仕込まれているような言い方なので、何か尾形に問題があるのではないかと疑いました。

尾形を尾行する赤峰は、彼が競馬にハマっていることが分かります。

その尾形を証人にしている姫野は、今回の裁判は問題ないと上司の緑川歩佳(木村佳乃)に報告。

「証拠はしっかり固めているのでご安心ください。殺人犯を無罪にされたらこの国も終わりですよ」

弁護人の証人は被害者家族

第一回公判を迎え、姫野は緋山が犯人だと言う証拠を次々に提示します。

そして、パワハラの限界を迎えた緋山が殺してしまったんじゃないかと。

姫野の尋問が終わると、次は明墨が用意した被害者遺族の証言。

しかしなんと妻の羽木春子(馬渕英里何)ではなく、息子の湊が証言として呼ばれていたのです。

湊は紫ノ宮からの質問に答えていく形で証言を取りました。

ボール遊びをしてくれる緋山は、自宅の棚の上のボールを取ってくれたと。

つまり、提出していた証拠の指紋は、事件でついたものとは限らないからです。

姫野は5歳の湊の証言は、信用性がないと言います。

しかし、湊の証言は立派な証言であるため、信用性に関しては裁判員たちに託されました

緋山のパワハラのきっかけ

明墨はこの証言を得る為に、春子を説得しに羽木家を訪れます。

緋山を犯人だと思っていない明墨は、湊の証言によりひっくり返ると。

そして、社長と緋山のパワハラの始まりが、春子の何気ない一言からだと話す明墨。

髪を変えた緋山を褒めただけですが、好意があると噂になっていたのです。

その噂を耳にしていた社長が、緋山に嫌がらせをしたのかもしれない。

もしこれが冤罪の場合、殺人犯として死刑の判決を受けた場合、死刑執行を待ち続ける事例があると話します。

湊の証言

湊たちを送り届けた紫ノ宮は、従業員の佐藤涼(前原瑞樹)と話している会話を聞いてゾクっとします。

それは、佐藤が家の棚にいってしまったボールを取ってあげた会話だったからです。

明墨のもう1つの顔

紗耶(近藤華)からの連絡に、笑顔で対応する明墨。

ペットのミル(ライズ)のリードを新しくする為に、2つ買ったそうです。

電話を切った後、通行人にぶつかってしまった紗耶。

落としてしまったリードを拾ってくれた女性にお礼も言わずに、その場から逃げる様に立ち去るのでした。

疑惑の尾形

ギャンブルとお酒好きのせいなのか、150万円も借金をしている尾形

更に社長からも30万円程を借りていたらしく、トラブルも目撃されていました。

ずっと尾形を尾行していた赤峰は、やはり眼鏡を忘れた事に引っかかります。

そして、次の競馬の日に尾形の後ろでわざとらしく登場する明墨と赤峰

馬券が当たったフリをして、尾形を飲みに誘うのでした。

高架下の居酒屋で、色々話を聞く明墨は自分の身分を明かします。

検察側の証人の尾形は、弁護士側につくつもりはないときっぱり言いました。

「問題ありません。しかし、今日ここでお金を貰った、奢ってもらったは内緒にして頂きたい」

証人利益強要罪というものになるからと話す明墨。

尾形は今日の事は喋らないとビクビクしながら帰るのでした。

そんな強要罪はありませんよ」という赤峰。

「無知とは怖いものだ。けど、教えない君も怖いねー」と明峰は言うのでした。

その帰り道、赤峰はコンビニの謎の店員(細田善彦)に挨拶をしますが、店員は黙って仕事に戻ります。

赤峰は深く頭を下げるのでした。

第二回公判

証言に立った尾形は、眼鏡の忘れ物を取りに行った時に2人の争う声が聞こえたと証言します。

明峰はその証言の検証をする為に、現場環境に似せた場所で少々台詞を変えて再生しました。

ですが、この会話は社長と緋山が口論したような台詞ではないにも関わらず、尾形は証言を変えなかったのです。

それを聞いた法廷はざわつき始めます。

次に再生したものは、台詞のみのものを流すと、尾形は動揺を見せ始めるのです。

「あなたが忘れたのは眼鏡じゃない。補聴器じゃないですか?」

実は尾形はAPDという聴覚情報処理障害だったのです。

これまで尾形が仕事を転々としていた原因は、この障害によるものでした。

障害を知られてしまった尾形は姫野に怒りをぶつけます。

「姫野検事は、このこと知っていた上に証言させましたね」と明墨は言いました。

休廷の間、尾形は明墨にも障害をバラされたことを怒ります。

人殺しを庇って、何も罪もない自分がこんな目に遭わなくてはいけないのか。

「私は、あなたの病気を公表してでも、緋山さんを無罪にしなくてはいけないんでね」

明墨は自分は仕事をしているだけだと尾形に言い放ち、尾形は自分はまた仕事を失うと訴えます。

「私は利用できるものは全て利用しますよ。あなたの人生がどこに行こうと知った事ではない」

あくまでも弁護士は、依頼の利益の為に動くから。

そんなことを言い放つ明墨ですが、尾形に最後に一言伝えます。

「業務に支障が出ない範囲での病気による解雇は不当解雇ですよ」

なんと、今まで尾形を不当解雇した会社を全て訴えれば、1千万円は賠償金が取れると。

おまけに無償で受けると言う明墨。

「障害を理由に差別する連中のことは、許す必要はない」

公判が再開し、姫野は次なる一手として、消えていた使われた凶器を提出するのでした。

その頃、とある刑務所では紗耶に似た少女を描く刑務所にいる男(尾形直人)が…。

彼の部屋には、明墨とのやりとりをしている手紙が置かれていました。

これこそ、日曜劇場!やっぱり日本ドラマでも別格枠!

99.9とはまた違うドラマになっていますね。

アンチな弁護士の主人公だけれど、訳アリが凄いですね。

アンチヒーローチェック

このドラマを観る上で「おー」となった点をピックアップ!

スピード違反の知らせ方

100mの追尾をして速度を測ってからサイレンを鳴らさなければいけない。

→今回の場合は70mの追尾で、明墨の録画した映像から3秒しかない為、120キロ出さないと白バイは追いつかないと指摘。

被告人の保護をする弁護士

被告人である依頼者の正当な利益を守る保護者の立場が弁護士。

有罪判決が確定するまでは、無罪として扱い保護されるべきだからです。

刑事訴訟法大143条

裁判所は、この法律に特別の定のある場合を除いては、何人でも証人 としてこれを尋問することができる。

APD(聴覚情報処理障害)

日常生活には問題ないが、雑踏や賑やかな場所では、聞き取れない。

※個人差があるものです。

第2話のネタバレとあらすじ

町工場の社長殺害事件。検察が提出した新証拠に揺れる公判。

しかし、明墨(長谷川博己)は過去の殺人事件の裁判記録を調べ上げ、ある仮説を立てる。

一方、弁護士としての正義に揺れる赤峰(北村匠海)は、拘置所の緋山(岩田剛典)に会いに行く。緋山は本当に無実なのか、それとも・・・。

アンチヒーロー次回予告

第2話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第3話のネタバレとあらすじ

第3話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第4話のネタバレとあらすじ

第4話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第5話のネタバレとあらすじ

第5話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第6話のネタバレとあらすじ

第6話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第7話のネタバレとあらすじ

第7話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第8話のネタバレとあらすじ

第8話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第9話のネタバレとあらすじ

第9話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第10話のネタバレとあらすじ

第10話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

アンチヒーローの最終回結末予想と考察

最終回の結末は予想と考察は、ドラマ放送後に追記いたします。

アンチヒーローの原作ネタバレと最終回結末まとめ

 「アンチヒーロー」まとめ

  • 原作漫画や原作小説などはないオリジナルドラマ
  • 主演は長谷川博己さん
  • 放送は全10回と予想!

今回は2024年4月スタートのTBS系日曜ドラマ「アンチヒーロー」についての情報をお伝えしました。

この春、注目のドラマとなること間違いなしです。

今後、放送ごとにあらすじとネタバレを更新していきます。

原作・ネタバレが一切ない今作。どのようなストーリー展開になるのか、今から待ち遠しいですね。

考察①登場人物たちの名前の共通点

色の名前の人物に何か共通点がある?

1話→白木凛(大島優子)、紫ノ宮飛鳥(堀田真由)、緑川歩佳(木村佳乃)、緋山啓太(岩田剛典)、赤峰柊斗(北村匠海)、青山憲治(林泰文)、明墨正樹(長谷川博己)。

主人公をはじめとして、名前に色が付いていますが、弁護士、パラリーガル、検事、容疑者などと規則性が現在ありません

味方と敵として見分けているのか?色で有罪と無罪と判断しているのか?

※伊達原泰輔(野村萬斎)には色が入っていないのもまた怪しさが増します!

考察②役名不明の謎めいたキャラ

このドラマはVIVANTのように、キャスト事前公開ですが役名が不明!

1話→謎の店員(細田善彦)と刑務所にいる男(尾形直人)がいます。

店員の方は、赤峰柊斗(北村匠海)と関係がありそうです。

暴力事件を担当したことがある赤峰なので、その時の被害者か加害者ではないでしょうか?

恐らく、加害者だとしても、それは勘違いか冤罪の可能性があるのではないでしょうか。

刑務所の男の方は、恐らく「ラストマン」と同じの可能性が高いです。

更に、紗耶(近藤華)は彼の娘ではないでしょうか?

沙耶は他人に顔を見られるのを怯えているように見えます。

人殺しの娘として後ろ指を指される生活をしてきたのではないでしょうか?

恐らく、それは10年経験している可能性があります。

その理由は、羽木春子(馬渕英里何)に話していた10年前の例はこの人の事ではないかと。

考察③羽木社長を殺害した犯人は?

羽木朝雄(山本浩司)を殺害した犯人は、緋山啓太(岩田剛典)なのか?

あの岩ちゃんが犯人?!と言いたいが、殺人犯ではなくても「砂の塔〜知りすぎた隣人」で犯人だった過去があります。

なので、一概に犯人ではないと言い切れません

しかし、殺人犯だからと言って無罪に本気に明墨正樹(長谷川博己)がするとは思えません。

なので、緋山はハメられたのか、誰かを庇っている可能性がありますが…。

緋山は無罪を主張をしていますので、ハメられた方なのでしょうか。

指紋の件は、結局子供の記憶を利用した捏造感が否めませんが、本当にそうなのかも1話だけでは何とも言えませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次