MENU

    【純愛ディソナンス】第2話のネタバレあらすじ感想!由希乃を殺した犯人は?

    • URLをコピーしました!

    2022年7月21日にドラマ「純愛ディソナンス」第2話が放送されました。

    今回は気になる第2話のネタバレあらすじを紹介します。

    第1話から正樹と冴の純愛にドキドキする展開となっていますね。

    第2話では2人の距離が更に縮まり、由希乃を殺した犯人が発覚します。

    そおれではドラマ「純愛ディソナンス」第2話のあらすじネタバレと、実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    目次

    【純愛ディソナンス】第2話のネタバレあらすじ内容

    2022年7月21日に放送された第2話のネタバレあらすじ内容を見ていきましょう。

    殺された由希乃

    新田正樹(中島裕翔)の大学の先輩であり、前任音楽教師だった小坂由希乃(筧美和子)が遺体で発見されました。

    警察は殺人事件を視野に捜査をし、学校に残されていた由希乃の私物を押収していきました。

    2年3組の担任・加賀美理(眞島秀和)は、和泉冴(吉川愛)朝比慎太郎(高橋優斗)たち生徒に由希乃の遺体が見つかったことを伝えます。

    冴はかなりショックを受けている様子で、正樹はそんな冴を見つめていました。

    放課後、正樹が音楽室に行くと冴も現れ、一緒にピアノを弾きます。

    冴が「なんで死んじゃったんだろう」とつぶやくと、死亡原因は死亡解剖しないと分からないと正樹は答えます。

    正樹は兄の恋人でもあった由希乃が殺されたのになぜか冷めた態度をとり、冴はそんな正樹が理解できませんでした。

    あくる日、正樹は実家に行き父・秀雄(神保悟志)が理事長を務める学校法人立秀学園を継ぐ気がないことを伝えます。

    殺人事件が起きた学校なんて辞めろという秀雄に、亡くなった人は兄がずっと付き合っていた女性であることを告げたのです。

    三者面談

    学校で三者面談が行われ、冴と母親・静(富田靖子)が訪れます。

    加賀美が冴には「指定校推薦枠」が推せると言うと、静は家から遠いからと大学に行くことを否定します。

    すると正樹は「娘の考えも尊重するべきだ」と静に言ってくれたのです。

    冴は自分の味方になってくれている正樹に感謝し、喜んでいました。

    ある夜、冴がコインランドリーで小説を書いていると、偶然正樹が現れます。

    三者面談のときのお礼を言うと、正樹は冴に感情的になってはダメだとアドバイスします。

    冴が家に帰ると、静が男には頼らず昼の仕事を始めると言ってきました。

    冴と静はその門出のお祝いとして11日にディナーに行こうと約束したのです。

    冴の誕生日

    碓井愛菜美(比嘉愛未)は、失踪する直前に由希乃から飲みに誘われていたことを正樹に打ち明けます。

    そして神社に行き、「誰も傷つきませんように」と由希乃が書いた絵馬を正樹に見せたのです。

    正樹は絵馬に描かれた意味や、由希乃が失踪した理由を考えながら歩いていると、静が男とデートしているところを目撃します。

    静は男から依存することは止められず、冴とのディナーの約束もすっぽかしていたのです。

    その頃、冴は静からディナーをドタキャンされ1人でディナーを食べていました。

    するとそこに正樹が現れ、母親の分を食べ始め、冴に「おめでとう」とお祝いの言葉を言ってくれたのです。

    実はこの日、冴の17歳の誕生日でした。

    由希乃が残したもの

    そんな中、正樹のもとにレンタルボックスから連絡が来ます。

    由希乃が借りていたらしく、保証人に正樹の名前が書かれていたのです。

    レンタルボックスの中には、映像研究部のビデオカメラと指輪が入っていました。

    指輪が入っていたことで、由希乃に彼氏がいたことを正樹と冴は初めて知ったのです。

    公園のベンチで正樹と冴はビデオを見始め、そこには楽しそうに笑う由希乃の姿がありました。

    正樹は「なぜもっと話を聞いてあげなかったのか」と涙を流しながら後悔していると、冴は何も言わずに正樹を抱き寄せたのです。

    2人の様子を何者かが陰から撮影し、学校に拡散していました。

    正樹と冴のことが学校で騒ぎに

    正樹と冴が抱き合う写真が学校中に拡散され、冴は生徒たちから孤立してしまいます。

    保護者からも抗議の電話が殺到し、静が学校に押しかけてきて正樹に詰め寄りました。

    騒ぎを聞いた冴は職員室に行き、静を制止しようとするも、静は冴が書いている小説をばらまき更に追い打ちをかけてきました。

    冴が書いている小説は、正樹のことを想いながら書かれた内容だったのです。

    そのことが正樹には許せず、静に「冴の気持ちも考えろ」と怒鳴り散らすのでした。

    この一件で冴は更に孤立してしまい、冴が嫌がらせをされているのが耐えられなくなった慎太郎は碓井の元に行きます。

    「匿名のメールや画像を拡散したのはあんただろ」と慎太郎は碓井に問い詰め、こんな嫌がらせするのはおかしいと言ったのです。

    由希乃を殺した犯人…?

    冴は映像研究部に行き、由希乃が残したビデオカメラをもう一度見返していました。

    最後まで見ると、由希乃のビデオメッセージが残されていたことに気付きます。

    そこには由希乃が付き合っていたであろう相手が、加賀美である証拠が映っていました。

    冴は慌てて正樹に電話し、由希乃が付き合っていた相手が分かったと伝えようすると、そこに加賀美が現れます。

    一方、正樹は迷惑をかけたことに責任をとり辞職すると校長に伝えていました。

    【純愛ディソナンス】第2話の感想

    ここでは第2話を実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    2021年のドラマで一番人気の高った「最愛」と、「純愛ディソナンス」の音楽の人が一緒ということが話題になっていますね。

    劇伴がすごく良いので、よりストーリーに惹きこまれて面白いです。

    中島裕翔さんの先生役は本当にカッコイイと話題になっていますね。

    私は中島裕翔さんのファンではないですが、第2話での冴をお母さんから守る姿にはキュンとしてしまいました。

    【純愛ディソナンス】第2話のネタバレあらすじ感想まとめ

    ここまでドラマ「純愛ディソナンス」第2話のネタバレあらすじ感想を見てきましたがいかがでしたか?

    正樹と冴には既に純愛が生まれていて、既に胸が苦しくなるようなストーリー展開ですね。

    第3話では、由希乃を殺した加賀美にさらわれた冴を正樹は助けることができるのでしょうか?

    第3話は2022年7月28日よる10時放送です。

    以上、ドラマ「純愛ディソナンス」第2話のネタバレあらすじ、実際に見た方の感想を紹介しました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次