MENU

    【ナンバMG5】第10話最終回ネタバレとあらすじ感想!卒業まで全開バリバリで夜露死苦!

    • URLをコピーしました!

    2022年6月22日にドラマ「ナンバMG5」第10話最終回が放送されました。

    今回は気になる第10話最終回のネタバレあらすじをご紹介します。

    前話では白百合高校が襲撃され、剛は白百合を守るために特服を着て闘いました。

    その結果、警察に連行され、特服が剛であることが白百合のみんなにもバレてしまいましたね。

    第10話最終回では、剛が家族と仲直りできるのか、そして無事に卒業できるのかが描かれています。

    それではドラマ「ナンバMG5」第10話最終回のネタバレあらすじと、実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    ドラマを見逃してしまった!という方は、1話から最新話まで無料で見る方法をチェックしてぜひ実際にナンバMG5を見られることをおすすめします!

    \1話から最新話が無料で見放題/

    目次

    第10話最終回のネタバレあらすじ内容

    2022年6月22日に放送された第10話最終回のネタバレあらすじ内容を見ていきましょう。

    家族と仲直り

    難破剛(間宮祥太朗)は、白百合高校に襲撃してきた不良達と乱闘した事で、警察に連行されてしまいました。

    連絡を受けた父・勝(宇梶剛士)と母・ナオミ(鈴木紗理奈)は剛を引取に行きます。

    家に帰り、土下座して謝る剛に「なんも悪いことしてねぇのに、男が土下座するな。」と勝は言います。

    勝は今まで剛が嘘を付いていたのは自分たちのせいだと伝え、「これからは好きなことをやれ」と言ってくれました。

    剛が帰って来たことに妹・吟子(原菜乃華)は泣いて喜びました。

    剛と家族の話を聞いていた兄・猛(満島真之介)は、1人納得していない様子でした。

    仲間のストライキ

    剛は乱闘事件を起こしたことにより、無期限の停学処分になっていました。

    しかし、校長の岩城隆一郎(松角洋平)が全校集会で、剛を退学処分にすると発表したのです。

    剛の話も聞かず一方的に処分を決めたことに、クラスメイトの島崎登(春本ヒロ)藤田深雪(森川葵)は抗議します。

    抗議は受け入れてもらえず、剛のクラスメイトたちは体育館に立てこもるストライキを起こしたのです。

    生活指導の桐山(赤ペン滝本)は、推薦の取り消しや内申の評価を悪くするなどと脅し、体育館から出てくるように促します。

    それを聞いて出て行くクラスメイトもいる中、噂を聞きつけた牧野弥生(鈴木ゆうか)ら後輩もストライキに参加してくれました。

    職員たちの中にも剛の退学処分に異議を唱えるものが出てきました。

    伍代の剛に対する想い

    その頃、五代直樹(神尾楓珠)は、預かっていた松(声:津田健次郎)を難破家に返しに来ていました。

    五代は2年半も剛が苦しんでいたことを勝とナオミに話します。

    すると勝とナオミは五代に、剛のツレでいたてくれたことに感謝しました。

    五代は剛が本当に良い奴だから、剛の想いを難破家みんなに理解して欲しいと思っていました。

    猛は白百合高校を襲撃してきた小暮翔=通称:グレ(東啓介)石黒正=通称:グロ(鈴之助)を仕留められなかったことを馬鹿にします。

    それを聞いた伍代は腹を立て、猛を殴り飛ばしました。

    猛は「剛が良い奴だなんて、そんなのずっと前から分かってるよ。」と呟きました。

    退学処分の撤回

    生徒たちによる体育館でのストライキを終わらせるため、桐山は「難波の退学処分を白紙にする」と生徒たちに伝えます。

    それを聞いた深雪たちは大喜びし、剛を呼び出して退学処分が白紙になったことを伝えました。

    しかし剛は、「白百合には戻れねぇ。」と言います。

    剛は自分のせいでヒドイ目にあった生徒がいるし、みんなに合わせる顔がなかったのです。

    深雪は剛が白百合高校を守るために闘ったことは分かっているし、みんな剛が好きで、一緒に卒業したいと言います。

    そして深雪は剛に「約束して。もう喧嘩はやめて。」と言って指切りげんまんをしました。

    グレとの決着

    深雪が去ったあと、伍代と大丸大助(森本慎太郎)と話していると、グレたちが復讐しに現れました。

    剛は深雪との約束を守るために、一切手を出さずに逃げ回ります。

    一方的にやられてしまう剛・・・すると猛が助けに現れたのです。

    伍代と大丸が剛のピンチを猛に知らせていたのです。

    猛は「全開でぶっ込んでいくんでヨロシク!」と言ってグレたちを瞬殺しました。

    剛は「全国制覇より白百合高校を卒業したい。」と猛に訴え、剛の想いを理解した猛は「卒業できるといいな。」と言って笑ってくれたのです。

    難破君おかえり

    停学処分が明け、剛は久々に白百合高校に登校します。

    シャバい学ラン姿を初めてみた勝とナオミと猛は目を丸くしました。

    学校に行くと生徒たちが剛を出迎えてくれました。

    「難破君おかえり」と笑顔で言う深雪に、剛は「ただいま。」と言って微笑みます。

    「こっから卒業まで、全開バリバリで行くんで夜露死苦!」

    と剛はみんなに笑顔でガッツポーズしました。

    第10話最終回の感想

    ここでは第10話最終回を実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    最終回は感動のハッピーエンドでしたね。

    特に猛が涙を流しながら剛に謝るシーンは最高でした。

    ナンバMG5はただのヤンキードラマじゃなく、感動するドラマだったんだと私も思います。

    最終回まで迎えてみると、剛役の間宮祥太朗さんの演技が素晴らしかったと改めて思います。

    間宮祥太朗さんだからこそ本当に素晴らしいドラマでした。

    ドラマを見逃してしまった!という方は、1話から最新話まで無料で見る方法をチェックしてぜひ実際にナンバMG5を見られることをおすすめします!

    \1話から最新話が無料で見放題/

    第10話最終回のネタバレあらすじ感想まとめ

    ここまで、ドラマ「ナンバMG5」第10話最終回のネタバレあらすじを見てきました。

    ついに迎えた最終回でしたが、感動するハッピーエンドとなって本当に良かったです。

    剛を演じた間宮祥太朗さんの演技が素晴らしくて最高でした。

    次回はなんと「全開バリバリありがとう編」という松が主役の特別ドラマが放送されるのでお楽しみに!

    以上、ドラマ「ナンバMG5」第10話最終回のネタバレあらすじと、実際に見た方の感想を紹介しました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる