MENU

    【ナンバMG5】第3話ネタバレとあらすじ感想!ついに大丸大吉が登場!恋のライバルに!?

    • URLをコピーしました!

    2022年5月4日にドラマ「ナンバMG5」第3話が放送されました。

    今回は気になる第3話のネタバレあらすじと感想をご紹介していきます。

    前話では、普通の高校生活を送りたい剛の願望とは裏腹に、市松高校2年最強の最上を撃破して全国制覇への道を一歩近づけてしまいました。

    第3話からは千鳥商業のヤンキーたちが登場しますので、ますます面白くなりそうです。

    それではドラマ「ナンバMG5」第3話のネタバレあらすじのご紹介と、実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    万が一ドラマを見逃してしまっても大丈夫!

    目次

    第3話のネタバレあらすじと内容

    2022年5月4日に放送されたドラマ「ナンバMG5」第3話のネタバレあらすじと内容を見ていきましょう。

    大丸大吉が恋のライバルに!?

    夏休み最後の日、難破剛(間宮祥太朗)五代直樹(神尾楓珠)島崎登(春本ヒロ)と一緒に釣りをしにいきます。

    すると藤田深雪(森川葵)から電話があり「緊急事態」だと言われた剛は、五代たちと別れてすぐに白百合高校に向かいます。

    その途中、バイクに乗った男・真宮翔(神田穣)から「五代を知っているか?」と聞かれるも、剛は「知らない」ととぼけました。

    深雪の緊急事態とは、夏休みの宿題が全く終わっていないことだったようで、剛はノートを貸してあげます。

    ノートを写している深雪に剛は「夏休みの間にあのゴリラと会った?」と聞きます。

    実はひと月ほど前、千鳥商業の生徒たちが喧嘩している場面に出くわし、近くにいた子供が倒されたのを見て深雪はヤンキーを怒鳴り付けたのです。

    それを見ていた千鳥商業の大丸大吉(森本慎太郎)深雪に一目惚れし、交際まで申し込んでいました。

    恋のライバルである大丸のことが、剛は気になっていたのです。

    伍代と真宮の再会

    その頃、五代と島崎が釣りをしている所に真宮が現れます。

    真宮は中学時代に五代がつるんでいた仲間で、1週間前に少年院から出てきたばかりでした。

    真宮は五代に「また一緒にやらねぇーか?」と誘うも、「二度と顔を見せるな」と突き返したのです。

    宿題を写し追えた帰り道、深雪は剛に迷惑をかけてしまったお詫びにと、絵の具セットをプレゼントしました。

    次の日、五代は真宮とのことを巻き込みたくないと思い、剛と島崎に「しばらく俺に近づくな」と伝えました。

    絵が描けることへの喜び

    剛は美術部の部長・東ミチル(加藤諒)から、「今書いている絵を一週間後のコンクールに出展しないか?」と言われます。

    絵を締め切りまでに完成させるため、剛は絵を持ち帰って作業しようとしていました。

    そんなとき、白百合高校の前まで大丸が来ていて、偶然を装って帰宅途中の剛と深雪に声をかけます。

    大丸は深雪が美術部だということを知り、自分も絵が好きだとアピールします。

    いつも深雪の隣にいる剛が気になった大丸は「こいつは藤田さんの何すか?」と聞きます。

    すると深雪は「難破君は弟みたいで、守ってあげたくなる存在。と答えました。

    そこに市松高校のヤンキーが出てきて、絡まれた大丸は「また会いに来ます」と言って去って行きました。

    剛が公園で絵を描き始めると、五代が近寄って来て剛の絵を誉めます。

    剛はこうやっておもいっきり絵が描けることが、何よりも嬉しいと言いました。

    公園に市松高校のヤンキーが現れ、五代は去っていきます。

    すると市松高校のヤンキーから逃げていた大丸が現れ、剛と大丸は深雪のことで話が盛り上がります。

    大丸は剛が深雪を好きなことに気付いていて、お互い正々堂々とやろうと握手を交わしました。

    島崎が拉致される

    その翌日、五代のバイクを磨いていた島崎が真宮たちに拉致されてしまいます。

    バイクの上には島崎の携帯が置かれていて、そこには暴行されている動画が残されていました。

    そのことを知らせに剛のもとに向かうも、剛が絵を頑張っている途中であることを知り、何も言わずに立ち去ろうとします。

    五代が島崎の携帯を持っていることに気付き、五代は「拾った」と嘘をついてその携帯を剛に預けました。

    剛は東に付き合ってもらいながら絵の仕上げをしているの、島崎の携帯が鳴り、島崎が暴行されている動画を見てしまったのです。

    五代が訪ねてきた理由を察知した剛は、東に「コンビニに行く」と嘘をつき、学校を飛び出して行ったのです。

    五代と真宮の決着

    急いで公衆トイレへと駆け込み、剛は特服に着替えて五代の元へ急ぎます。

    しかしその様子を、偶然トイレの前でたむろしていた大丸に見られいたのです。

    島崎の拉致されている廃工場に向かった五代は、真宮に「印刷工場からトルエンを盗めば、暴力団を紹介してもらえるから手伝ってくれ」と言われます。

    しかしそんなバカなことを言う真宮を、五代は殴り付けたのです。

    中学時代にも、悪い連中とツルんで悪さをする真宮を五代が殴り付けたことがあったのです。

    真宮の父親は人殺しで、そのことが原因で周りの人からも教師からも蔑んだ目で見られていた不満を五代にぶつけます。

    すると五代は「オレはツレだ。そんな目で見たことは1回もない」と叫びました。

    するとそこに真宮たちをそそのかした2人組が車でやって来て、鉄パイプを持って襲いかかってきます。

    そのとき、特服を着た剛が颯爽と現れ、あっという間に2人を片付けてその場から去って行きました。

    その様子を大丸は隠れて見ていました。

    大丸に剛の正体がバレる

    剛はすぐに制服に着替えて学校に戻るも、既に学校は閉まっていて東もいませんでした。

    剛が東に電話をかけると「描きかけの絵を放り出して帰ってしまうよう人には美術部にいてほしくない」と言われてしまいます。

    公園に座り込んで落ち込んでいる剛の前に大丸が現れ、突然剛を殴り飛ばします。

    剛が特服に着替えて伍代たちを助けに行った全てを見ていたと伝え「俺が気に入らねーのは、てめぇが惚れた女までダマしてることだよ!」と怒りをぶつけます。

    「ごめん。おめぇも藤田さんもだますつもりはなかった・・・」と剛は言います。

    大丸は「男なら自分で正体を明かせ!でねーといつかいつかみんな傷つけることぐらい分かってるだろ。」と言って去って行きました。

    その頃、大丸の幼馴染で千鳥商業の斎藤ヒロ(一條恭輔)が、市松高校のヤンキーに暴行されていました。

    そこに伍代と呼ばれる男が現れ、斎藤の指をへし折ったのです。

    原作とドラマ1話〜最新話までのネタバレに戻る>>

    第3話の感想

    ここでは、ドラマ「石子と羽男」第3話を実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    今までの深雪のキャラクター的に、私もおかしなプレゼントかと予想しました。

    しかし開けてびっくり、剛が一番喜ぶ絵具セットだったので良かったですね。

    第3話から本格的に登場した森本慎太郎さん演じる大丸大吉はハマリ役だなっと私も思います。

    伍代派か大丸派か、どっちのヤンキーが好きかファンの中で競い合っていますね。

    毎回激しいケンカシーンがあるのが特徴のドラマですが、リアルな感じなので見ていてヒヤヒヤしますね。

    争いごとや暴力的なシーンが苦手な方には怖いかもしれませんね。

    リアルなケンカシーンが見どころではありますが、撮影中に大丸役を演じる森本慎太郎さんが鼻を骨折するニュースが話題となりました。

    大丸はこれから登場が多くなる役ですので、心配ではありますが無理せずに撮影に挑んで頂きたいですね。

    第3話のネタバレあらすじ感想まとめ

    ここまでドラマ「ナンバMG5」第3話のネタバレあらすじと感想を見てきました。

    第3話では待ちに待った大丸大吉の登場を嬉しく思うファンが多くいましたね。

    大丸とは深雪との恋のライバルとしてこれからも物語に関わってくる重要人物です!

    そして、大丸に剛が特服であることがバレてしまい、自分の正体をどうやって明かすのか次回以降気になるところです。

    以上、ドラマ「ナンバMG5」第3話のネタバレあらすじと感想を紹介しました。

    万が一ドラマを見逃してしまっても大丈夫!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次