MENU

    【ナンバMG5】第5話ネタバレとあらすじ感想!市松のアタマ陣内登場でタイマン対決!

    【ナンバMG5】第5話ネタバレとあらすじ感想!市松のアタマ陣内登場でタイマン対決!
    • URLをコピーしました!

    2022年5月18日にドラマ「ナンバMG5」第5話が放送されました。

    今回は気になる第5話のネタバレあらすじをご紹介します。

    前作では剛の中学時代の旧友が登場し、熱い友情に涙した視聴者が多く話題となりましたね。

    第5話ではついに市松高校のアタマである陣内一久が登場!

    剛と陣内がどんな対決を見せてくれるのかが気になりますね。

    それではドラマ「ナンバMG5」第5話のネタバレあらすじと、実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    目次

    第5話のネタバレあらすじと内容

    2022年5月18日に放送された第5話のネタバレあらすじと内容を見ていきましょう。

    男の正体は?

    難破剛(間宮祥太朗)が帰宅すると、知らない男が家に上がり込んでいました。

    市松高校の3年で剛の舎弟だと嘘を付く男を、剛は警戒します。

    母・ナオミ(鈴木紗理奈)の手料理をご馳走になり、帰り際に難破猛(満島真之介)に名前を聞かれた男は「陣内一久」と答えました。

    途中まで送ってくると剛が陣内一久(栁俊太郎)と一緒に家を出ると、「特服、調子に乗るな」と陣内は剛に言い放ったのです。

    猛は陣内の目を見て、陣内が市松高校のアタマであることを見抜いていました。

    吟子の恋

    剛の妹の吟子(原菜乃華)がペットの松(声:津田健次郎)の散歩をしていたとき、松が吠えたことがきっかけで横浜一中3年の佐藤淳一(小田将聖)と知り合います。

    そのとき佐藤は参考書を落としていき、塾の前で待ち伏せして吟子は参考書を佐藤に返したのです。

    佐藤はお礼として一緒にファミレスに行ってジュースとケーキをご馳走しました。

    吟子が数学が苦手なことを打ち明けると、佐藤が教えてあげると言い2人はラインを交換しました。

    ファミレスでヤンキーたちが暴れているのを見て、佐藤はヤンキーが嫌いだと吟子に言っていました。

    陣内のヤバイ伝説

    剛は伍代直樹(神尾楓珠)とラーメンを食べに行き、陣内が家に来たことを言います。

    五代にヒーローみたいに特服に変身しすぎだと注意されていました。

    陣内が市松高校のアタマであり、数々のヤバイ伝説があることを教えてくれたのです。

    • OLの彼女が5人いる
    • 高校1年のときにパチスロで40万勝ち、それを元にして株で1000万円に増やした
    • 大食いチャレンジで餃子を150個食べた
    • デート中に彼女にスケボーが当たり、ヤンキー30人を半殺しにした

    陣内が白百合高校の美術部に現れ、剛に「頭のケガが治ったらタイマン」と言います。

    もし断ったら藤田深雪(森川葵)に剛の正体を明かすと脅してきたのです。

    陣内が剛の前に現れた理由は、高校卒業前に最後は難波剛と締めたかったからでした。

    こそこそと勉強する吟子

    猛と剛と吟子がカフェで、両親に贈るクリスマスプレゼントは何がいいか話し合っていました。

    プレゼントが決まり、家に帰ろうとすると吟子は用事があるからと言って先に出て行ってしまいます。

    最近こそこそとする吟子を家族みんなが怪しんでいました。

    吟子が帰宅すると、最近帰りが遅いことを父・勝(宇梶剛士)とナオミに追及され、ファミレスで佐藤に勉強を教えてもらっていることを打ち明けます。

    佐藤がどんな奴か気になるみんなは、家に連れてこいと言いました。

    吟子は佐藤を家に連れてくる条件として、真面目な家族のフリをしてほしいと頼んだのです。

    剛と陣内のタイマン

    クリスマスイブの日、剛が両親へのクリスマスプレゼントを手に入れると、偶然陣内に会います。

    頭のケガが治った剛とタイマンをはるため、陣内は剛をひと気のないところに連れて行きます。

    そこで陣内が本当にタイマンをはりたいのは剛ではなく猛であることを打ち明けてきたのです。

    猛が高校3年のとき、仲間の仇を討つために市松高校に1人で乗り込んでいき、黒い特服を着た猛は圧倒的強さだったそうです。

    しかし先日難破家で見た猛は大人しくなっていたため、猛をその気にさせるための剛はエサだと言います。

    それを聞いた剛は「お前なんか兄ちゃんには届かねーよ!」と言ってタイマンすることになりました。

    勝負の結果は剛の勝利!陣内は負けながらも何か吹っ切れたような様子でした。

    シャバいコスプレをする難破家

    一方、難破家では全員がシャバい姿のコスプレをして佐藤を出迎えていました。

    父は丸の内の会社員、猛は関東亜細亜大学の大学生、ナオミはアメリカ人のフリをしていました。

    しかし佐藤は難破家がヤンキー一家であることは最初から知っていたのです。

    佐藤はヤンキー嫌いだったが、吟子のためにシャバいフリまでしてくれる難破家の家族を見て、考え方が変わり、逆に羨ましく思ったのです。

    吟子の勉強したいという一生懸命な気持ちをサポートしたいと佐藤は言います。

    勝はファミレスではなく、家で勉強するならいいと許可してくれました。

    佐藤が帰宅後、剛が帰って来て勝とナオミに3人からのプレゼントを渡します。

    プレゼントは勝とナオミの若い頃のパネルで、とても大喜びしてくれました。

    後日、陣内は高校を自主退学し本当にやりたいことを探す旅に出ると猛に話します。

    陣内は猛との別れ際、

    「あいつにとって、全国制覇なんでどうでもいいことなんじゃないかな。」

    と剛のことを呟くと、その言葉が猛の中でひっかかている様子でした。

    第5話の感想

    ここではドラマ「ナンバMG5」第5話を実際に見た方の感想を見ていきましょう。

    第5話では吟子のためにみんながコスプレをして真面目な家族のふりをしましたね。

    「ナンバMG5」はヤンキー青春ドラマではありますが、家族愛が深く描かれていて毎回感動します。

    ただのヤンキー一家ではなく、家族思いで兄弟思いの難破家のみんなにも注目してみてください。

    猛の黒の特服姿かっこよかったですし、満島真之介さんが役にとっても似合っていますよね。

    伍代や大丸のファンが多いですが、私は猛のファンです!

    第5話のネタバレあらすじ感想まとめ

    ここまでドラマ「ナンバMG5」第5話のネタバレあらすじと、実際に見た方の感想を見てきましたがいかかでしたか?

    第5話では、市松高校のアタマである陣内がついに登場!

    剛と陣内がタイマンをはり、勝利したことで事実上「市松高校制覇」となりました。

    ヤンキー一家だけど、愛あふれる家族の姿にこれからも注目したいですね。

    次回はももクロレディースとして登場しますよ!

    以上、ドラマ「ナンバMG5」第5話のネタバレあらすじと、実際に見た方の感想を紹介しました。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次
    閉じる