MENU

    親愛なる僕へ殺意をこめての原作漫画ネタバレ!最終回ドラマ結末や真犯人予想

    親愛なる僕へ殺意をこめての原作漫画ネタバレ!最終回ドラマ結末や真犯人予想
    • URLをコピーしました!

    2022年10月にドラマ化が決定した原作漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」最終回のネタバレとドラマの結末や真犯人の予想をお送りします。

    ドラマで主人公の浦島エイジ役を演じるキャストは、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんとして話題ですよね。

    ドラマの原作は「ヤングマガジン」で連載された漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」です。

    原作は井龍一さん、作画は伊藤翔太さんが手がける全11巻既刊のコミックスで、物語は完結している作品になります。

    ドラマ化が決定した事で話題沸騰中!の気になる原作漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」は、どんなストーリーなのでしょうか?

    ドラマ化が決定した、原作漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」のあらすじや最終回のネタバレ、そしてドラマの結末予想真犯人についてもご紹介します。

    ▼▼▼

    原作漫画を無料で読むならコチラ

    どのサービスでも、
    親愛なる僕へ殺意をこめて」が
    3冊まで無料中

    サービス特徴
    U-NEXT
    無料で読む
    無料お試し登録で600ポイントもらえる(1ポイント=1円)
    最大40%ポイント還元
    Amebaマンガ
    無料で読む
    無料登録ですぐに100冊まで40%OFFになるクーポンがもらえる
    eBookJapan
    無料で読む
    初回ログインで6回まで使える50%オフ半額クーポンがもらえる
    まんが王国
    無料で読む
    常時最大50%ポイント還元
    新規無料会員登録後、初めてポイント購入すると最大18,000ポイント還元(1ポイント=1円)
    各サービスの比較

    ※9月7日時点の情報です。最新の配信状況は各公式ページにてご確認ください。

    目次

    【親愛なる僕へ殺意をこめて】原作漫画の登場人物ネタバレと真犯人

    「親愛なる僕へ殺意をこめて」原作漫画の登場人物ネタバレを真犯人まであわせて紹介します!

    浦島 エイジ(うらしま えいじ)

    • 自分が二重人格者だと気が付く大学生。
    • 父親はLL事件の容疑者。
    • 15年間に、主人格のエイジが生み出した別人格。

    八野衣 エイジ(はちのい えいじ)

    • 主人格。通称:B一(びーいち)
    • 父の冤罪を信じ、独自調査する。
    • LL事件の真犯人への復讐を誓っている。

    雪村 京花(ゆきむら きょうか)

    • 浦島エイジの彼女で美人。
    • LL事件の模倣犯。
    • 実の父親・白菱正人を死亡させる。

    真明寺 麗(しんみょうじ れい)

    • エイジの同級生で協力者。
    • LL事件の被害者・白菱凛を目撃している。

    八野衣 真(はちのい まこと)

    • エイジの父親。
    • 15年前、LL事件の容疑者だったが死亡。

    柏木(かしわぎ)

    • エイジの親友の大学生。
    • エイジに協力する。

    佐井 社(さい やしろ)

    • 半グレ集団「SKALL」のリーダー。
    • LLを崇拝する殺人鬼。
    • クラブを隠れ蓑に数々の犯罪に手を染めている。

    白菱 正人(しらびし しょうと)

    • 大学教授。
    • LL事件の最後の被害者・白菱凛の父と自称。
    • 後に、京花の父親と判明する。

    浦島 亀一(うらしま きいち)

    • 八野衣真の保護司。
    • LL事件後、エイジの養父となる。
    • エイジが二重人格と知っている。
    • LL事件の真犯人。

    浦島 乙(うらしま おと)

    • 亀一の娘。
    • エイジの義姉。

    畑中 葉子(はたなか ようこ)

    • 女子大生。
    • 佐井の元で働いている。
    • 事件の被害者となる。

    桃井(ももい)

    • 畑中葉子事件を捜査する刑事。
    • 新人の頃、LL事件の捜査も担当していた。
    • 同性愛者。

    猿渡 敬三(さるわたり けいぞう)

    • 桃井の上司の警視。
    • 畑中葉子事件を担当する。
    • LL事件の容疑者を追っていた。

    ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」のキャスト相関図や登場人物が知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

    【親愛なる僕へ殺意をこめて】原作漫画のネタバレあらすじと最終回の結末は?

    「親愛なる僕へ殺意をこめて」の原作漫画のネタバレあらすじと最終回の結末をご紹介します!

    漫画1巻のネタバレあらすじ!主人公は二重人格

    主人公のエイジは、ある日、酔い潰れて寝てしまった。

    翌日、一緒に添い寝していたのは大学のミスコン候補者で美人の雪村京花だった。

    エイジはいつの間にか、京花と恋人になっていたがその経緯は覚えていない

    大学でも身に覚えのない事ばかりで、カレンダーを確認すると酔い潰れた日から3日が経過していた。

    エイジはその3日間の記憶が全くない事に気が付く。

    同級生の真明寺麗はエイジに何か伝えようとするがエイジにその真意は伝わらなかった。

    その後、エイジは自分の生い立ちを知る事となる。

    15年前に起きた、「LL事件」と呼ばれる猟奇事件の犯人・八野衣真はエイジの父親だった。

    八野衣真は警察に追われた後、「また殺す LL」と言う言葉を残して焼死している。

    一方、「LL事件」を模倣した新たな殺人事件が発生。

    当時の事件を担当していた刑事の桃井は、犯人の再来を予感していた。

    エイジはその後も記憶を失い、京花と一線を越えるもその記憶すら覚えて居なかった。

    真明寺麗はエイジに「二重人格」なのだと明かし、もう1人の人格を「B一(ビーいち)」と呼んでいると言う。

    エイジはもう1人の人格とコンタクトを取る為にメモ帳を手に取るが、そこには「また殺す LL」という文字があった。

    そして、押し入れには身に覚えのない大金と血のついた金属バットがあると知る。

    エイジは新たな殺人事件の容疑者として桃井に聴取されるも否定。

    しかし、エイジのハンカチからは誰かの「片耳」が出てきて、エイジは犯人は「B一」かも知れないと疑う。

    京花を「B一」から守る為にも、エイジは京花との別れを選択。

    エイジは警察に自ら連絡しようとしたところ、メモ帳に「佐井」と言う人物の連絡先を発見する。

    エイジは半グレ集団「SKALL(スカル)」のリーダーである佐井に会い、「B一」がSKALLの一員になる話をつけていたと知る。

    また、「SKALL」が今回の殺人事件に関与している事を知ったエイジは、事件の真相を探る為、加入テストを受けて一員として認められる。

    新たな殺人事件の被害者は畑中葉子という女性で、佐井が強盗で手に入れた金を探しているとも知る。

    強盗した金6000万円は、運び屋が運搬中に「何者かに奪われて」しまったのだった。

    奪ったのはSKALLの身内の可能性があり、金属バットで襲撃されたと佐井は言う。

    エイジはその話を聞き、押し入れにあった大金と金属バットを思い出し、「B一」の犯行ではないかと考えていた。

    ※エイジのハンカチから出てきた「耳」は畑中葉子のものと後に判明。

    漫画2巻のネタバレあらすじ!LL事件と顧客リストの関係

    佐井は、「SKALL」の幹部を集めて犯人探しを始め、エイジは焦る。

    しかし、SKALLの元で仕事をする畑中葉子に、強奪金について明かした男が始末される事になった。

    エイジは、自分の秘密を知る真明寺と遭遇し、真明寺はエイジの真相解明に協力する事となる。

    エイジは、畑中葉子の身辺を探る事で、「B一」がSKALLの仕事から葉子を助けようとしていた事実を知る。

    葉子が殺される直前に接客していた人物を特定する為に、「SKALL」の顧客リストを入手する事に成功。

    葉子が接客した人物は、LL事件の被害者女性・白菱凛の父親だった。

    エイジは、その人物である大学の教授・白菱正人に話を聞きに行く。

    その頃、「SKALL」は顧客リスト紛失が判明し、犯人はエイジと断定。

    6000万円の強奪もエイジが関係してると佐井は睨んでいた。

    白菱正人はエイジの事を知っていて、それはつまり「Bー」が絡んでいる事を示してた。

    エイジは「Bー」になりすまし、真相を確かめようと試みる。

    そして、「Bー」が白菱と共謀し6000万円を奪っていた事や、畑中葉子を殺めた犯人が「佐井」であると知る。

    漫画3巻のネタバレあらすじ!佐井と「SKALL」の結末

    佐井は、エイジの恋人・京花を人質にしてエイジを誘い出す。

    佐井はLL事件の容疑者だった殺人鬼のエイジの父を崇拝していた。

    しかし、その息子の不甲斐なさに怒りを感じ、”最も残酷な方法”で始末すると決めていた。

    エイジは佐井に捕まり絶対絶命だったが、京花によってなんとか助け出され佐井の車を奪って逃走。

    しかし、急発進した車は木にぶつかってしまい身動きが取れなくなる2人。

    再び、佐井に捕まりエイジは死を覚悟するも、警察が現場に到着した。

    エイジは真明寺に言われ、傷口にGPS発信機を仕込んでいたのだった。

    佐井は現行犯逮捕され、その後「SKALL」は違法組織として摘発され壊滅した。

    エイジは再び京花とよりを戻すが、真明寺はエイジに心療内科の受診をすすめる。

    エイジが「Nメンタルクリニック」という病院に行くと、一足先に「B一」が「浦島エイジ」として診察を受けていた事が判明する。

    診察室でエイジは「B一」を知る男性に声をかけられる。

    男性は「付き添いのキョウカちゃんは今日はいないの?」とエイジに尋ねるのだった。

    漫画4巻のネタバレあらすじ!京花の生い立ちと衝撃の事実

    エイジは京花と「B一」の関係が気になるも、担当医師にも「B一」の存在をはぐらかされ真実は分からなかった。

    その後、京花から連絡があり、エイジを母親に紹介したいと言われる。

    エイジは、京花の母に会い、京花の生い立ちを知る事となる。

    京花は養子であり、7歳の時に引き取ったが養護施設にいた理由は知らないと言う。

    その時、京花の携帯の着信で表示された番号が「Nメンタルクリニック」である事に気がついたエイジ。

    エイジは、京花が何か隠していると感じ、京花の身辺を探るべく養護施設を訪れる。

    養護施設では京花の情報は得られなかったが、京花が保護されたという公園へ向かう。

    エイジはその公園のトンネルに「たすけて」という無数のメッセージがある事を知る。

    エイジは京花に勝手に過去を探っていた事を謝罪すると、京花は実母から酷い扱いを受けていたと明かす。

    そして、かつて京花を救ったという人物はエイジの父親である「LL」だと言うのだった。

    エイジは自分が憎悪する相手に助けられたという恋人を、心の闇から救おうと決心する。

    京花は、自分が育った団地で「お父さんを紹介する」と言って襖を開ける。

    そこにあったのは変わり果てた姿となった大学の教授・白菱正人の遺体だった。

    京花と白菱正人が実の親子だったという事実をエイジはそこで知る事となる。

    漫画5巻のネタバレあらすじ!葉子事件の犯人は?

    京花は実の両親から酷い扱いを受けていた過去があり、15年後に再会し父を利用する。

    白菱は京花の指示に従い、LL事件の被害者の父と偽って畑中葉子に接触した。

    葉子を殺めた犯人は佐井だと思っていたが、実際には京花に命じられた白菱の犯行だった。

    エイジは京花に自首をすすめるが、京花は「今からエイジを殺す」と言った。

    その頃、逮捕された佐井は尋問で畑中葉子を殺めた事を否定し、真相解明は手詰まりだった。

    真明寺は担当刑事の桃井に、葉子が最後に会っていた白菱が行方不明になっていると告げる。

    桃井は白菱の潜伏先とされる団地へ踏み込むも、そこには包丁を手にしたエイジと、出血し床に倒れる京花の姿があった。

    京花は意識不明の重体で入院しエイジは逮捕され、真明寺は面会で逮捕に至る経緯を確認する為、留置所へ。

    事件当時、エイジの現在の人格は「B一」だったが、京花を刺してはいないと否定する。

    また、「B一」は浦島エイジと呼ばれる人格こそが別人格で、15年前に現れた人格と明かす。

    京花の事件以降、エイジの人格は出てきておらず、真明寺はエイジが消えてしまった事を悲しく思った。

    そして真明寺は、エイジにつきまとい始めた理由を語る。

    LL事件の被害者の1人である白菱凛を事件に巻き込まれる直前に目撃していた責任感からだった。

    またB一は、父親がLL事件の容疑者のまま死亡した事で、生活が一変するも父の無実を信じていたと過去を語る。

    B一は父を陥れた真犯人を探し復讐する為に「可哀想な殺人鬼の息子」である別の人格を生み出していた。

    漫画6巻のネタバレあらすじ!逮捕、そして脱走

    B一は、養父である浦島亀一を疑っていたが黒幕である確証は得られなかった

    その後、大学時代に行ったクラブで半グレの「SKALL」や畑中葉子と繋がり、実父の八野衣真とLL事件の関連を探っていた。

    八野衣真は、当時高級デートクラブを運営していたが、右腕的存在の花坂が顧客リストを持ち逃げしていた。

    花坂はその後、何者かに殺められ、顧客リストが「SKALL」に流れたとB一は考えていた。

    そして、B一は裁判に出廷。京花の刺殺はLL事件の真犯人探しの過程で起きた事件だと説明し罪を認めた

    しかし、B一は留置所を脱走、速報で脱走のニュースが流れる街中を変装して歩いていた。

    漫画7巻のネタバレあらすじ!葉子事件の本当の犯人

    B一は、廃墟で自分のニュースを見ながら京花の入院先を探っていた。

    【回想】B一は葉子が佐井に連れ去られた事を白菱からの連絡で知ったが、B一の優先事項は、「SKALL」の持つ顧客リストだった為、助けに行かなかった。

    翌日、葉子の行方不明のニュースを知り、B一は葉子を見捨てた事を後悔する

    そして現在、B一は京花の入院する病院へナイフを持参して乗り込む。

    京花がB一と最初に出会ったのは京花をナンパ男から助けた偶然だった。

    しかし、葉子を自宅に招いて殺めたのは京花だった

    B一は京花の病室に向かい、首元にナイフを当てると京花は目覚め「おかえり八野衣エイジ君」と言う。

    【回想】B一はエイジと人格後退していた空白期間に京花から事情を聞いていた。

    そして、その時に2人で「浦島エイジ」の人格を消す計画を立てたのだった。

    当時、B一は葉子を殺したのは白菱だと疑っていた。

    【回想】団地で白菱の遺体と対面した時、B一は京花に麻酔薬を打たれ意識朦朧となる。

    京花は、葉子を殺めたのは自分だと告げ、B一にLL事件の真犯人など存在しないと語りかける。

    また、京花はエイジとB一の人格を統合を試みて大量の薬物をB一に投与した。

    その結果、目覚めたB一の前にいたのは血だらけの京花だった。

    B一はエイジがやったのかと、京花に聞くと「LL…」と答えた。

    B一は、団地にLL事件の真犯人が現れ、京花を刺して自分にその罪を着せようとしたのだと思い至る。

    しかし、B一は、京花事件の罪をあえて被り、警察がLL事件の真犯人にたどり着く事を防いだのだ。

    B一は、自らの手で復讐を遂げると誓っていたからで、それが京花刺傷事件の真相だった。

    病室で目覚めた京花がナースコールをした為、B一は病院から逃走するも、監視カメラの設置には成功した。

    真犯人が京花の口封じに来るとB一は考えていたのだ。

    その後、B一の隠れ家に真明寺がやってきて、B一の手助けをすると約束してくれる。

    B一は真明寺に経緯を説明していると、桃井が現れLL事件の真犯人の存在について知る。

    桃井は15年前、LL事件の犯人が八野衣だと片づけられた事に納得していなかった

    また、桃井はB一が探している顧客リストの隠蔽に警察の内部が関わっていると示唆する。

    桃井は、B一の話を信用するかわりに、父と自分の無実の証明となる手がかかりを見つけ出せと指示していた。

    漫画8巻のネタバレあらすじ!桃井と猿渡の秘密

    桃井は上司の猿渡敬三を待ち伏せしてドライブへ連れ出す。

    山奥まで連れていき、そこに現れたB一は猿渡に父親を殺めた犯人の可能性を告げた。

    15年前、猿渡が通報時間を意図的に遅らせた証言があった事や、LL事件で父と被害者以外のDNAが検出されていた。

    猿渡の潔白を証明する為にDNA鑑定を受けて欲しいと桃井は言うが、猿渡は銃をB一に向ける。

    B一は猿渡こそがLL事件の真犯人ではと疑い始めると、銃声が鳴り響く。

    撃ったのは桃井で、撃たれたのはB一だった。

    桃井はB一の協力者である真明寺の確保に向かうも、真明寺は隠しカメラを設置して一部始終を録画している。

    【回想】15年前、LL事件の捜査会議中に桃井宛の封書が届き、桃井と女性がホテルに入る写真が同封されていた。

    桃井は同性愛者で、しかもその相手は八野衣の店の女たちだった。

    封筒には「八野衣真改め殺人鬼LL」と書かれた手紙も入っていた。

    猿渡は桃井が離席中に、その写真と手紙を盗み見てしまい、単独で八野衣の居場所を突き止める。

    猿渡は、山奥に潜伏していた八野衣の拘束に成功するが、八野衣はLL事件への関与を否定。

    猿渡は揉み合った末にを八野衣を殺めてしまい、隠滅の為に小屋に火を放つ。

    桃井は小屋から八野衣の遺体を見つけるが、猿渡のシャツについた血が気になり現場の血痕を独自でDNA鑑定する。

    桃井は八野衣を殺めたのが猿渡だと知るも、自身が違法を犯していた不祥事発覚を恐れ黙認した。

    桃井はその後、顧客リストを持つ花坂を殺め証拠を隠蔽していた。

    B一は、撃たれたが防弾チョッキで難を逃れ、桃井の銃を奪いナイフを突きつける。

    桃井は、B一に父親の冤罪を晴らし、LL逮捕にも協力すると言うが、隠れていた猿渡と共にB一を確保する。

    B一は桃井を刺し、桃井は自ら橋から転落

    猿渡は桃井の後を追うように、銃口を自らに向け発砲し亡くなる。

    LL事件の真犯人探しが振り出しに戻り、真明寺は真犯人を見つけたら復讐は終わるのかとB一に問う。

    「自分は間違ってない」とB一は父の写真を見て自問自答していた。

    漫画9巻のネタバレあらすじ!入院中の京花を襲った犯人

    猿渡、桃井の遺体が発見された事で、その容疑者として逃亡中のB一への警戒が強まる。

    B一は、京花の病室に仕掛けた監視カメラで犯人の登場を待つが怪しい人間はいない。

    B一は、京花の義理の両親を尋ね、空き家となった家で京花の義父に遭遇。

    桃井から奪った銃を突きつけ、B一は義父に空白期間の京花の行動を聞き出す。

    京花は義父の車を借りてT県北市まで行ったと判明し、B一は友人の柏木に運転を依頼した。

    柏木は、B一の二重人格を知っていて「エイジ」の為に協力してくれたのだった。

    しかしその後、B一は自分の中のエイジがもう居なくなったと告げ、柏木は協力を拒む。

    京花の様子を監視カメラでチェックすると、犯人の正体が映っていた。

    一方、真明寺は病院で京花が何者かに襲われ危篤状態になっていると知る。

    真明寺は京花を襲った犯人の正体を尾行し、その人物がB一の義姉・浦島乙だと判明する。

    警察は、京花を団地で襲った犯人も浦島乙であると容疑を固め逮捕した。

    乙が京花を狙った理由は、自分が精神を病んだ原因のB一に絶望を味わわせたかったからだった。

    乙は京花にGPSや盗聴器を仕掛け、常に行動を監視していた為、全ての事実を把握していた。

    B一は、真明寺が京花が嘘をついている可能性を指摘していた為、「真犯人はLL」と言う言葉の真偽も疑い始める。

    一ヶ月後、B一は、義父の亀一に会いに行き懺悔する。

    15年前の事件で家族がめちゃくちゃになり、真犯人への復讐だけを考えて生きて来たが、多くの人を巻き込んだと。

    そして、妹がおかしくなったのも自分のせいだと言い、自首すると告げる。

    B一は、突如「LLが何故被害者を拷問したのか」と義父に聞く。

    B一は「痛みを感じない体質だからこそ痛みに拘っていたのだ」と考えていた。

    B一は、昔から傷の耐えない亀一にまた新たな傷があると知り、ナイフを亀一の手の甲に突き立てる。

    亀一は何も感じていない様子で、B一は「お前が殺人鬼・LLだろ?」と言った。

    漫画10巻のネタバレあらすじ!真犯人は浦島亀一

    殺人鬼・LLの正体は義父の浦島亀一だった。

    しかし、亀一は感覚麻痺という体質だったが、痛覚が無いだけで犯人と断定できるのかと亀一は言う。

    B一が、真犯人の正体に確証を得たのは、京花が危篤状態で指し示した引き出しのメモだった。

    病室の引き出しの裏には電話番号が記載されたメモがあり、調査の結果、北海道在住の女性オバタのものだった。

    オバタの持つ日付入りの写真には、京花の姉・白菱凛が映っていて、当時のアリバイを覆すものだった。

    15年前、亀一は家族旅行で北海道に居て、時を同じくして白菱凛も北海道にいたと写真の日付から判明する。

    また、15年前に真明寺が廃墟で「白菱凛が監禁されているのを見た」と証言していた。

    しかし、実際には白菱凛は北海道にいて、真明寺が見たのはまだ発見されていない「6人目の被害者」だった。

    亀一は自身のアリバイ作りの為に、白菱凛と似た女性を監禁し、わざと真明寺に目撃させていた。

    B一は、亀一が北海道で白菱凛を殺害し、S県まで運んだトリックも暴く。

    白菱凛と京花は荒れた家庭環境で育ち、八野衣真は凛を店で働かせ更生の手伝いをすると言っていた。

    保護司の亀一は八野衣真に協力するのを装い、家出少女達を次々と手にかけていた。

    そして、亀一は八野衣真にLL事件の犯人という罪を着せる事に成功する。

    しかし、八野衣真もまた少女たちを利用していた為、良い人間とは言えないと亀一は言う。

    亀一は、拷問する事でしか生きている実感がしないと犯行を重ねるも、徐々にリアリティを感じなくなってしまった。

    そこで、「殺人鬼・LL」という物語を生み出し、シナリオ通りに展開したが、浦島エイジ、八野衣エイジの存在だけは予想外と語る。

    亀一はエイジの人格分裂や、復讐心について知った上で保護司となっていた。

    自分の物語から生まれたエイジの行く末を見届けたい一心だったと、「15年間の喜劇」を感謝した。

    また、京花の模倣事件には全く関与しておらず、義妹の事も気にするなと淡々と語る。

    そして、八野衣真を「殺人鬼・LL」に仕立て上げた理由は、タトゥーにあった。

    八野衣真は、「JUST A SIN」と「KILL」と言う文字のタトゥーがあり、文字を入れ替えると「殺人鬼LL」と読めたからと明かす。

    亀一は、B一が会話を録音している事に気がついていたが、本当は殺しに来たんだろ?と挑発する。

    B一は、亀一を殴り拳銃を突きつける。真明寺はその様子をドア越しで伺っていた。

    亀一は「神話にふさわしい最高の幕引き」と言い、3発の銃声が鳴り響いた。

    漫画11巻のネタバレあらすじ!最終回の結末は?

    B一が撃ったのは「床」で、発砲音に警察が駆けつける。

    B一は亀一が「LL事件の真犯人」であると語った一部始終を録音したデータを渡す。

    1年後、エイジは証人尋問で「浦島エイジという人格は自ら死を選んだ」と答えた。

    浦島エイジは、主人格で無い事や亀一が真犯人である事を京花から聞き、「京花が喜ぶなら」と死を選んだ。

    しかし京花は浦島エイジが消えた事で、むしろ浦島エイジの存在が自分の中で大きくなっていった。

    京花は、八野衣エイジ(B一)の復讐が終われば、浦島エイジが戻ってくると期待していたが、叶わないと分かり泣き崩れた。

    エイジは、復讐に取り憑かれる自分の醜さに気づき、亀一を撃たなかった。

    「亀一を殺さなかった事」こそが、負の連鎖を断ち切る事になると考えた。

    その後、LL事件の真犯人だった浦島亀一に死刑判決が下される。

    八野井真の無実が証明され、エイジは義母に手紙を出した。

    エイジが、畑中葉子の墓参りに行くと、真明寺が待っていて祝ってくれる。

    エイジは心の中に浦島エイジがまだ生きていると感じる。

    その頃、「SKALL」の佐井は刑務所でバスケをしていた。

    浦島乙は殺人未遂で収監され、母親との面会を果たす。

    エイジは親友の柏木と再会し、真明寺が勤める探偵事務所で働く事となる。

    それぞれが新しい一歩を踏み出して結末を迎える。

    【親愛なる僕へ殺意をこめて】漫画の真犯人と最終回の結末は?

    ドラマ化する原作「親愛なる僕へ殺意をこめて」漫画の真犯人と最終回の結末をご紹介します!

    真犯人は?

    八野衣真の保護司でLL事件後、エイジの養父となった「浦島亀一」が真犯人でした。

    浦島亀一は表向き、保護司として親を頼れない少女達の新しい性格環境を探す手伝いを、エイジの八野衣真と共に行っていました。

    しかし、実際には「イカれた殺人鬼」であり、少女たちを残虐な方法で殺めていく「LL事件」の犯人でした。

    八野衣真が体に入れていたタトゥーの文字の組み合わせから「殺人鬼LL」という物語を思いついた亀一は、八野衣を犯人に仕立て上げたのでした。

    最終回の結末は?

    エイジは亀一を追い詰め銃を突きつけるも、思いとどまり亀一への復讐を終えます。

    その後、「LL事件」の真犯人として亀一は死刑判決が下り、父・八野衣真の容疑は晴れて無実となりました。

    エイジの人格は完全に統合され、真明寺と共に「探偵事務所」で働く事となり、人生の新たなスタートを切ります。

    また、原作漫画が打ち切りと言われる理由やドラマの打ち切りの可能性についての記事も参考にしてください。

    【親愛なる僕へ殺意をこめて】原作漫画を無料で読む方法

    ここまで「親愛なる僕へ殺意をこめて」の原作漫画のネタバレあらすじをお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

    ざっくりなネタバレですので、実際に原作漫画を読んでみると、ドラマをもっと楽しめるかもしれませんよ♪

    今なら「親愛なる僕へ殺意をこめて」原作漫画を無料で読めるサイトがいくつかありますので、ご紹介していきますね。

    まず「親愛なる僕へ殺意をこめて」を無料で読めるサービスの一覧はこちら。

    サービス特徴
    U-NEXT
    無料で読む
    無料お試し登録で600ポイントもらえる(1ポイント=1円)
    最大40%ポイント還元
    「親愛なる僕へ殺意をこめて」1~3巻まで無料
    Amebaマンガ
    無料で読む
    無料登録ですぐに100冊まで40%オフになるクーポンがもらえる
    「親愛なる僕へ殺意をこめて」1~3巻まで無料
    eBookJapan
    無料で読む
    初回ログインで6回まで使える50%オフ半額クーポンがもらえる
    「親愛なる僕へ殺意をこめて」1~3巻まで無料
    まんが王国
    無料で読む
    常時最大50%ポイント還元
    新規無料会員登録後、初めてポイント購入すると最大18,000ポイント還元(1ポイント=1円)
    「親愛なる僕へ殺意をこめて」1~3巻まで無料
    各サービスの比較

    特におすすめなのはU-NEXT!

    U-NEXTでは、31日間無料トライアル実施中!

    無料トライアルでは、600円分のポイントがもらえますよ。

    漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」の最終巻も無料で読めるチャンス!

    さらにU-NEXTなら、漫画だけでなく映画や国内・海外ドラマ、アニメや雑誌まで見放題作品多数!

    \31日間無料トライアル中/

    ▲▲今なら登録なしで3巻無料▲▲

    ebookjapanもおすすめ!

    初回ログインで6回まで使える50%オフ半額クーポンがもらえるので、「親愛なる僕へ殺意をこめて」が5冊まで半額で読めちゃう!

    気になる前半1~3巻は無料で読んで、その後は気になる後半5冊を半額で読む!というのも良いですよね。

    \ 初回ログインで半額クーポンがもらえる /

    ▲▲今なら登録なしで3巻無料▲▲

    「親愛なる僕へ殺意をこめて」全巻をおトクに読むなら、すぐに100冊まで40%OFFになるクーポンがもらえるAmebaマンガがおすすめ!

    普段から漫画をよく読む!「親愛なる僕へ殺意をこめて」以外にも読みたい!という方はAmebaマンガ一択ですね。

    \ 100冊まで40%オフクーポンがもらえる /

    ※9月7日時点の情報です。最新の配信状況は各公式ページにてご確認ください。

    【親愛なる僕へ殺意をこめて】ドラマの最終回結末は原作と違う?ドラマの真犯人や黒幕は?

    ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」は原作漫画の最終回結末とどう違うのか、また真犯人や黒幕についても予想しました!

    ドラマの最終回の結末は?

    原作漫画同様に、主人公は最後に真犯人を亡き者にする事を留まり、復讐劇は終わりを遂げるのではないでしょうか?

    また、人格も統合され真明寺と共に生きていく最終回の結末を予想しています。

    ドラマの真犯人や黒幕は?

    漫画が既に完結していて原作ファンなど「真犯人が誰か」を知っている方が多い為、ドラマではさらなる「黒幕」が存在するのではないでしょうか?

    もしかしたら原作では「LL事件の模倣犯」だった京花が「真犯人」や「黒幕」の可能性もありますよね。

    ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」のロケ地や撮影場所はこちらの記事を参考にしてください!

    【親愛なる僕へ殺意をこめて】原作漫画ネタバレとドラマ最終回の結末や真犯人の予想!

    ドラマ化が決定した原作漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」のネタバレとドラマの最終回の結末や犯人を予想してみました!

    原作漫画はかなり過激描写が多い作品の為、ドラマではどう描かれるのか、原作ファンの方も気になりますよね。

    ドラマで主人公の浦島エイジ役を演じるのが、Hey! Say! JUMPの山田涼介さんなので、女性ファンの視聴者も多そうです。

    ドラマでは、その辺りを考慮して過激過ぎない描写でサスペンスが展開するドラマオリジナルのストーリーが多くなるかも知れません。

    今回は、ドラマ化が気になる原作漫画「親愛なる僕へ殺意をこめて」のネタバレあらすじを最終回の結末までリサーチし、またドラマの最終回結末や真犯人を予想してお届けしました!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次