海のはじまりのネタバレ原作は?最終回結末までのあらすじ全話

  • URLをコピーしました!

2024年7/1スタートのフジテレビドラマ「海のはじまり」。

SnowManで俳優としてブレイク中の目黒蓮さんが主演を務めます。

今回は「海のはじまり」の原作やドラマ全話ネタバレ、最終回の結末予想や考察までまとめました。

この記事でわかること
  • 海のはじまりのネタバレ!原作はある
  • 海のはじまりのドラマ全話ネタバレあらすじ
  • 海のはじまりの最終回結末予想と考察

今回は「海のはじまり」の原作やドラマ全話ネタバレ、最終回予想までまとめました。

ドラマ「海のはじまり」のキャスト相関図については、別記事でまとめる予定ですので、合わせてごらんください。

目次

海のはじまりのネタバレ!原作小説や漫画はある?

海のはじまりには、原作はありません!

目黒蓮さんが注目された「silent」のチームが再集結したオリジナルドラマです。

  • 脚本家…生方美久さん
  • 監督…風間太樹さん
  • プロデューサー…村瀬健さん

ドラマのテーマは、親子の愛!!

海のはじまりのあらすじ

この物語の主人公となるのは月岡夏(つきおか・なつ/目黒蓮)。大学時代に、ふとしたきっかけで付き合うようになった同級生・南雲水季(なぐも・みずき)と幸せな日々を送っていました。しかし、就職活動を迎えようとしていたある日、突然、彼女から別れを切り出され、そのまま2人は別れることに。それから7年がたち、新しい人生を歩んでいた夏でしたが、大学時代の友人からの連絡で、水季が亡くなったことを知ります。別れを告げられて以来一度も会うことがなかったこともあり、その事実に実感が湧かないまま葬式へと向かった夏は、そこで海(うみ/泉谷星奈)という名の幼い女の子と出会います。その女の子が、水季の子どもだということを知った夏は驚きを隠せません。そして、彼女の母親から、自分が海の父親だと聞かされます。水季が、自分の知らないところで、自分との間にできた子どもを生み、何も言わずにその子どもを育てていたことを知った夏は、水季と海が過ごした7年という月日に思いをはせ…。

今作において1つの大きなテーマとなるのが“親子の愛”。自分の子どもが7年間生きていることも、これまでをどう生きてきたかも知らなかった夏と、突然自分の人生に現れた海という2人の関係や、亡くなった彼女と娘との間の母と子の関係など、登場する人物たちの中にある“親と子”の間に生まれる感情をリアルに、そして丁寧に描き、紡がれていく作品をこの夏お届けします。

フジテレビインフォメーション

海のはじまりのキャスト

ドラマ「海のはじまり」のキャスト相関図については別記事でまとめる予定です。

登場人物
  • 月岡夏…目黒 蓮
  • 百瀬弥生…有村架純
  • 南雲海…泉谷星奈
  • 月岡大和…木戸大聖
  • 南雲水季…古川琴音
  • 津野晴明…池松壮亮
  • 南雲朱音…大竹しのぶ

※2024.6月10日時点で発表されているキャストです。

海のはじまりの主題歌

主演がSnowManの目黒連さんなので、SnowManが担当する可能性はあるのかないのか。

これまでの目黒さん主演作品の主題歌一覧

テレビ朝日「消えた初恋」…Secret Touch

映画「わたしの幸せな結婚」…タペストリー

TBS「トリリオンゲーム」…Dangerholic

ただ、同じ時期のSnowManの渡辺翔太さんが中村アンさんとW主演のドラマ「青島くんはいじわる」で、君は僕のものが新曲として発表されているため、主題歌の可能性は低いです。

更に両面AシングルとしてSnowManのラウールさんの映画「赤羽骨子のボディガード」の為、主題歌は別の歌手が担当、またはBGMのみの可能性の方が高いです。

「silent」チームということで、Official髭男dismの可能性もあり?

Official髭男dismは、月10の「マウンテンドクター」でなさそうです。

主題歌決定

主題歌担当は、back numberに決定!

「5→9~私に恋したお坊さん~」(2015年10月期/フジテレビ系)以来約9年ぶりに、主題歌担当。

「恥ずかしいくらい混じり気のない“自分”という名の一色で書ききった結果
『新しい恋人達に』という楽曲になりました」
“家族の物語”に寄り添う、
優しさと切なさを包みこんだあたたかい楽曲に

海のはじまり 主題歌 コメント

海のはじまりドラマネタバレあらすじ

第1話のネタバレとあらすじ

海辺を歩く親子

南雲海(泉谷星奈)は、母の南雲水季(古川琴音)に質問します。

「海はどこからどこまでが海なの?」

砂浜にあがったら海ではないのか?娘の質問に困る水季。

水平線の先にも海はずっと続いていて、終わりはないと教えます。

「海岸があるまで、ずっと海は続くよ」

海は砂浜を楽しそうに歩き、その姿を水季は優しく見守るのでした。

夏と弥生

仕事をバリバリこなす百瀬弥生(有村架純)は年下彼氏と交際中。

ちょっと頼りない彼氏の家へ向かった弥生。

1週間の夏休みが取れるか聞いてみると、曖昧な返事をする月岡夏(目黒蓮)。

実は、職場で2人も産休に入ったため、希望休が取りにくいと話す夏。

それは仕方ないと思う弥生ですが、もし休みが取れたら海か山に行きたい話をします。

楽しい話をしていたら、夏のスマホに大学時代の友人の訃報の連絡が入りました。

突然のことに、夏は言葉を失い…。

友人の葬式

葬式に参列する為に、実家へ喪服を取りに行く夏。

突然息子が帰って来て驚く両親と弟。

しかし、夏の様子に養父の月岡和哉(林泰文)は黒ネクタイを貸してくれます

何も言っていないのに、葬式だと気づく和哉に不思議がる夏。

「親の勘が働いたかな…」と答える和哉に夏はお礼を伝えました。

会場に着いた夏は、友人の真山からいつ以来か聞かれ、8年ぶりと答えます。

棺の前でお焼香をしていた夏は、棺の中の水季をずっと見ている女の子に気付きました。

夏は真山とロビーを歩いていると、女の子が水季の娘だと聞かされます。

水季との出会い

大学に入学した夏は、真山に誘われるまま山岳部に入る事になりました。

早速、歓迎会が開かれ参加する夏でしたが、トイレで席を外すと壁によりかかる女性が…。

心配で声をかけますが、ゲームをしているだけの水季でした。

水季は山岳部に興味があって入ったのではなく、無料で沖縄料理が食べられるから来たらしいです。

お互い、山に興味があって入ったわけではない夏と水季。

水季は、人に合わせられる夏は凄いと思いますが、夏はそれを欠点だと思っていました。

そして水季はマイペースな為、人には合わせられないと笑いながら話します。

それから2人は楽しい時間を一緒に過ごし、海にも出かけました。

同情の声

水季との想い出の動画を見ていた夏の前に、さっきの女の子がやってきます。

気になった夏が声をかけると、6歳の海だと分かります。

明るく振舞う海でしたが、参列者から「これから頑張ってね」と声を掛けられました。

立ち去ると、周りにいる人たちから心無い声が聞こえてきます。

「父親もいない子だから、可哀想よね」

「おばあちゃんの家にいくしかないもの。可哀想ね」

可哀想ばかり言う大人たちの声に、夏は「海ちゃんは可哀想じゃない」と言います。

そして、イヤホンを取り出してスマホの中にある水季の動画を見せました。

「あんな声は忘れられなくなるから聞かなくていいんだ」

突然の知らせ

就活を迎えていた夏は、真面目に就活の準備をしていました。

夏は、自分の家族構成から、心配をかけたくないと考えていたのです。

波風立てずに平和に過ごしたいと考える夏。

それを聞いた水季は、夏に中絶の同意書にサインが欲しいとお願いします。

1週間前に妊娠が判明し、色々考えた結果中絶を選択した水季。

病院の先生以外にはこの話をしていなかったと聞かされた夏は謝ります。

誰も悪くないことだと、水季は元気そうに振舞いますが、夏はそれでも謝りました。

「1週間も1人で悩ませて、本当にごめん」

それを聞いた水季は、つい涙を流してしまいます。

夏は水季の病院にも付き添いますが、その日から水季に会っていませんでした。

そして、水季が退学したと人伝に聞いた夏が連絡を取ると、別れて欲しいと言われてしまいます。

「夏君より好きな人に会ったから、あなたとは終わりにしたい」

自分勝手すぎる水季に最初は怒ってしまう夏ですが、水季が元気ならと別れに承諾します。

海の父親

動画を見終えたタイミングで、水季の同僚の津野晴明(池松壮亮)がやってきます。

夏の名前を聞いた津野は驚いた表情をし、何も知らない夏を軽蔑した目で見ました。

「7年間のことをあなたは本当に分からないんですね」

そして、津野は立ち去ると水季の母・南雲朱音(大竹しのぶ)に夏が来ていると伝えます。

朱音は海を連れて夏に会いに行き、自分の番号を渡しました。

渡された意味が分からない夏でしたが、海に部屋へ戻るように言います。

朱音は夏に水季が持っていたあの時の同意書を見せました。

海は、あなたの娘です。でも、あの子にいきなり愛情が抱けないのも分かります」

朱音は、何も知らない夏に、父親を求めるつもりも強制させるつもりもありません。

「でも、今日だけでもいいので7年間のあの子の事を考えてくれませんか」

話を終えると、そこに海が話に聞いていた「夏君」だと分かり、笑顔でやってきます。

夏に向かって大きく手を振る海に、夏は手を振ろうとしますが…。

7年間彼女は…

夏に連絡がつかない事を心配した弥生が家に来てくれます。

1人で抱えきれないこの事実に、夏は大学の友人が病気で死んだことを話しました。

何も知らずにいたことに涙する夏に、弥生はただ寄り添います。

そして翌日、まだ立ち直れない夏は会社を休みました。

実家に行き和哉に借りたネクタイを返しに行くと、義弟の月岡大和(木戸大聖)がいて渡します。

大和は兄が葬式で泣けたのか聞くと、泣けなかったと話す夏。

大和は自分の実母が死んだ時も泣けなかったけど、周りが言う感情には気付くと話します。

いつからパパになるの?

チャイムが鳴って出ると、玄関の前には1人で来たと言う海がいました。

水季と一緒に来た事があるらしく、驚く夏。

家の中に入ると海は、水季のスマホの動画を再生します。

その動画には“季節の中で夏が一番好き”と話す水季が。

そして、この前の海ではしゃぐ水季の動画を観せて欲しいと海はお願いします。

海が好きだと叫ぶ母親の姿に、海は嬉しそうに動画を観ました。

動画が終わると、動画が終わるとどうなるのか?ママは終わったのか?聞いてきます。

夏は水季が死んだことを言いますが、死んだらどうなるのか?が分からない海。

亡くなっても、海の母親は水季だと伝える夏。

「だったら、夏君はいつから海のパパになるの?」

その問いに夏は答えられず…。

あっという間の90分でした。

目黒さんと有村さんだと「月の満ちかけ」を思い出してしまいますね。

漸く恋人になれたのに、まさかの彼氏に娘がいたんだから、こりゃビックリです。

夏が責められているのもなんか微妙ですが…。

しかも、あんな風に別れていたら、夏からは水季には連絡取れないよー。

第2話のネタバレとあらすじ

海のパパ

ランドセルを楽しそうに触る南雲海(泉谷星奈)。

その様子を見て、南雲水季(古川琴音)は、海の父親の話をします。

月岡夏(目黒蓮)が父親だと聞かされた海は、自分に父親がいる事を知りました

海の様子を見て、夏に会いたいか聞きますが…。

「ママが会ってもいいと思うなら…」

突然来た娘

「夏君はいつから海のパパになるの?」

突然の海の訪問だけではなく、その問いに夏は困ってしまいます。

とりあえず、海が1人で来た事を心配していると思い、南雲朱音(大竹しのぶ)に連絡を取りました。

朱音が来るまで海とどういれば良いかと惑う夏のスマホに百瀬弥生(有村架純)から連絡が。

心配した弥生が夏の家に行くと、海がいて驚きます。

とりあえず事情は後で聞こうと思い、朱音が迎えに来るまで海の遊び相手になってくれました。

夏の娘・海

海が帰った後、夏は弥生に海が自分の娘だと伝えます。

水季の葬式で初めて知った事を聞き、弥生は夏も動揺している事に理解を示しました。

それでも、海の事は真剣に考えていると話す夏。

「でも、判ったつもりではいけないと思っているんだ」

一方、夏の家に黙って行ってしまった海に、朱音は黙って出かけないように注意します。

それで海は「夏君の家に行ってくる」と朱音に言って出かけようとしました。

しかし、朱音は確かに黙ってとは言いましたが、“1人で”と付け加えます。

海にもしもの事があれば、水季に怒られてしまうと朱音は海に伝えるのでした。

夏君に会いたい

夏への想いを感じた朱音は、海と夏を会わせようと考えます。

しかし、それには夏の気持ちは勿論ですが、弥生の存在が気がかりで…。

朱音は夏に連絡を取り、海の事と弥生の事を直接話をします。

「一番驚いているのは、お付き合いしている人よね。突然…彼氏に娘がいたなんて…」

それでも海の気持ちもあり、朱音は海に会いたいか夏に聞くのでした。

しかし、夏は1.2度しか会った事が無い自分に何故、会いたいのかが分からず…。

結局夏に会えなかった海は、自分に会いたくないのか…と考えてしまいます。

仕事が忙しいからと朱音は誤魔化しますが…。

自分が死なせたと思っていた

夏は弥生に全てを話す事をまず始めようと考え、弥生と話をします。

弥生は、子供を妊娠していた事を知らなかったと思っていました。

「僕は、彼女の妊娠を知って、中絶を同意して欲しいって言われてサインしたんだ」

それを聞いた弥生は、一瞬動揺を見せますが、まだ学生だった2人の選択は間違ってるとも言えないと話します。

しかし、ずっと夏は子供を死なせてしまった罪悪感がありました

だから、海が生きている事は、本当に嬉しいと話します。

弥生は夏が全て話してくれた事、少しは荷を軽くして海に会えるんじゃないかと思いました。

弥生の秘密

夏から話を聞いた翌日、弥生は引き出しから1枚の写真を取り出します。

それはエコー写真で、それは弥生がおろした子供の写真でした。

子供の墓参りを済ませた弥生は、海に会いに行く夏に電話をします。

「夏君がパパになるなら、私は海ちゃんのママになれるかな」

勿論、海が決める事ではありますが、候補として入れて欲しいと弥生は伝えます。

水季の好きな食べ物

朱音の家を訪れた夏は、手土産に鳩サブレーを持参しました。

それを見た朱音は、笑ってしまいます。

鳩サブレーは水季が好きな食べ物で、授業中にも食べていたのです。

そして朱音は、これを一緒に海と食べて欲しいと夏にお願いします。

そこに学校から帰って来た海が夏を見て抱きつきました。

今日、学校であった事を聞いてほしい海。

「夏くん、手洗いしてくるからここで待っててね」

夏のぎこちないパパ感がラスト出てましたね。

来週は早くも修羅場か?!

弥生の過去がビックリで、夏はどう支えるのかも気になります。

第3話のネタバレとあらすじ

第3話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第3話 7月15日 放送

月岡夏(目黒蓮)は恋人の百瀬弥生(有村架純)に、自分に娘がいたことを話した。そして、南雲水季(古川琴音)と別れた時のこと、彼女が海(泉谷星奈)を産み育てていたことは知らなかったが、妊娠したことは知っており、堕ろしたと思っていたことも正直に伝えた。夏の話を聞いた弥生は、自分の過去に思いを馳せる。夏に言えずにいる自分の過去。その記憶を胸に秘めたまま、弥生は、夏が父親になるのであれば自分が母親になることも選択肢に入れて欲しいと夏に告げるのだった。

南雲家に行った夏は、そこで海と再会する。夏が会いに来てくれたことが嬉しい海は、大喜びして、はしゃぎすぎて疲れ果て眠ってしまう。朱音(大竹しのぶ)は、海が起きたときにいてくれたら喜ぶからと言って、夏に夕食を食べていくよう促す。準備を手伝う夏に、水季に対する思いを語る朱音。

夏から電話を受けた母・ゆき子(西田尚美)は、和哉(林泰文)と大和(木戸大聖)に夏から家族全員に話があると言われたことを告げる。弥生との結婚報告ではないかと盛り上がる月岡家。

一方、休日を海と一緒に過ごすことになった夏は、弥生を連れて南雲家を訪れる。一緒に来た弥生を見て、複雑な思いを抱く朱音。海の希望で水季が働いていた図書館に行くことになった三人は、そこで津野(池松壮亮)と会い…。

海のはじまり あらすじ

第4話のネタバレとあらすじ

第4話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

第5話のネタバレとあらすじ

第5話のネタバレとあらすじはドラマ放送後に追記いたします。

海のはじまりの原作ネタバレとドラマまとめ

「海のはじまり」まとめ

  • 「silent」チーム再集結したオリジナルドラマ化
  • 主演はSnowManの目黒連さん
  • 放送はこれまでの月9の流れから全11話と予想されます

今回は2024年7月スタートのフジテレビ月9ドラマ「海のはじまり」についての情報をお伝えいたしました。

「silent」チームドラマなので注目度は高いと思われます!

今後、放送ごとにあらすじとネタバレを更新していきます。

海のはじまりのドラマ考察

ドラマ考察は、ドラマ放送後に追記いたします。

考察①親子になれるのか?

月岡夏(目黒蓮)と南雲海(泉谷星奈)は親子になれるのか?

月岡夏(目黒蓮)は、南雲海(泉谷星奈)という娘の存在を、元カノの南雲水季(古川琴音)の死で知ります。

母親を突然失ったかと思えば、突然現れた父親が出てきても、海にとっては知らない人。

夏の方も6歳の娘の対応法が分からない為、2人とも手探り状態になる?

衝突もあるだろうし、ちょっとした油断が危険を及ぼす事にも夏の試練になりそうです。

こう言っては、心配になる点が一つ…。

作品内容が嵐の相葉雅紀さんの「マイガール」に少々似ているので、どう違いが出るかが気になるところです。

2話…弥生も中絶経験があり、母親になる候補に名乗り出ます。

考察②今カノと夏と海の関係

夏のことを想って百瀬弥生(有村架純)は行動する?

まだ百瀬弥生(有村架純)の性格などが公開されていない為、どうなるか気になるところ。

弥生は、夏が海を育てる事に反対するか?賛成するか?

反対→今更、母親が死んだからって押し付けてくるのは間違っていると考える。

賛成→夏が育てるなら応援する。弥生も一緒に協力をする。

夏との関係

夏は好きだけど、海の母親にはなれないと別れを告げる?または母親になるよう奮闘する。

海との関係

南雲水季(古川琴音)はママだけど、弥生はママではないと反発する可能性がある。

母ではないけど、お姉ちゃん感覚になる?

考察③弥生の子供

夏の告白から弥生も過去を話す?

デリケートな問題なのと、夏と水季の子供の海は生きていても、自分の子供は亡くなっている現実。

お墓の様子から、弥生はちゃんと供養をしているようです。

彼氏の方は、お金を払って終わってる感がしますね…。

朱音の勘が働き、弥生も隠しきれなくなる可能性もありますが、とんでもない所で、元カレ登場もありえますね。

海のはじまりのドラマ最終回結末予想

最終回の結末、予想は、ドラマ放送後に追記いたします。

海のはじまり」のあらすじと最終回の考察を何パターン化予想してみました。

結末予想①親子になる

3人で親子になると予想!

山あり谷ありの中、困難を乗り越える。

月岡夏(目黒蓮)と百瀬弥生(有村架純)は結婚し、南雲海(泉谷星奈)は娘になるというハッピーエンド!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次